FC2ブログ
2018-02-15

憧れの職業について 肯定編

前回は憧れの職業の否定的な面を書きましたが、生活
に必要な仕事しかなければ、ご存じの通り人の場合、早く
亡くなるので、悪い訳ではないです。


エゴとか、悟りブームなどがありましたが、それも、ただ単
に、今の生活が気に入らないと言うだけで、流行ったよう
なものです。


何かを目指せば、多くの人は失望を経験します。


そういう事は少しずつ、気にならない訓練をすればいいだけ
なので、こだわっても、こだわらなくても、自分の好きな方向
に行き、その場、その場でこれは良い、悪いを判断して対応
すればいいんじゃないでしょうか?


結局は体験が一番です。そこで、上手い対処法を学んだり
次の道が開けたり、人が言っている事は必ずしも、あなたに
当てはまるとは限りません。


挑戦したい人はどんどん挑戦した方が良いと思います。
もちろん、リスクは覚悟の上です。

スポンサーサイト



2018-02-05

憧れの職業について

以前ある本を読んだ時、何か違和感を感じてたんですが
この頃、そういう話を聞く機会が多くなった、憧れと見せかけ
て実は、奴隷のように働かされると言う事。


憧れの職業は夢の世界ではないと、そして、考えなければ
ならないのは、その職業に付いた時、その先に何を見てい
るか、または、日々、どんな事を考えているかです。



それと、アルバイトをしながらであれば、先が無いので切羽
詰まった危機的な状況の場合、どうしても、普通の仕事が
したくなければ、突き進むしかない、それで、上手く行っても
行かなくても、厳しいです。


これは、ある程度年月が経つと大体、みなさんの頭の中を支配
する考えです。

いつかは、どうするかの結論を出さないと前に進めません。

特に、はぐれ者の人にとっては、普通の生活は上手く行かなかっ
たりします。

そして、そういう時心の隙につけ込んで来るのを察知する能力
が鈍ってるので、だまされない様、気を付けてください。




2017-12-01

危険な思考法

当たり前なんですが、僕の書く記事と言うのは現在の心境
です。

それは、違うだろうと思う人、共感する人がいると思いますが
これは、僕も含めて多くの人が失敗する思考パターン。


例えば、何でも良いんですが、これをやりたいと思って、初め
の内はその業界の現実を見に沁みて感じる事は、調べたり
しても実感が湧かない。


しかし、続けている内に、早くその業界で活躍出来る人以外
は、最初の気持ちを忘れてしまい、ホントにこんな事をしてい
て良いんだろうか、または、現実が見えてこれ以上やっていけ
ないと思い出す。

中途半端に経験と知識が増えてしまって身動きが取れなく
なってしまう。


こんな時、続けるか、止めるかの選択を迫られる。

そうなると、どちらに転ぶかは、僕も分からない、これをやれば
良いと言う方法も今の僕には思い付きません。


ただ、自分の望み通りに行かない方が良い場合も沢山あるの
で、負のスパイラルに入ってしまったら、最初、どんな気持ちで
始めたのかを思い出すか、運を天に任せるか、今以上に、思考
錯誤するしかないように思います。
2017-11-20

アートの未来

前回はプロのアーティストを目指しても良い事は無いと言う
話でしたが、今回は別の視点で書きます。


現在は経済第一の社会ですが、そうなるとアートは一部の
人を除いて切り捨てられる。


つまり、現在アーティストを目指してもやはり良い事は無い。

しかし、経済が今とは違った形になると、話は違って来ます。


今、残る職業、無くなる職業等、言われてますがアーティスト
は残る職業に入ると思います。


そう考えると将来は明るいかもしれません。ただ、現在で語る
と暗いです。


もちろん、この先どうなるかは分かりませんが、現在と未来を
考えるとそういう結論になる。







2017-10-20

普通じゃないから出来るんです

この所、芸能人のバッシングが続いていましたが、僕が考える
華やかに見える職業、芸能人、芸術家(美的センスが問われる
特殊な職業全般)スポーツ選手等、代表的ですが、


これは、僕がプロのアーティストを目指した実感として、芸能
芸術、スポーツは、プロを目指しても、まったく割に合いません。


はっきり言って、普通の職業の方がまだ良いです。


長く芽が出なくても悲惨、売れたら売れたでバッシング、まったく
割に合わない。


それでも、続けられる人は、割に合わないと言う現実を超えて
何かそれ以上のプラスがあるんだと思います。


普通に考えたら止めた方が賢い選択なんですが、それでも続ける人に
一般的な道徳を持ちこむ事自体おかしな話だと以前から感じてました。


それと、そういう人たちが、お金を稼いでも、そこにはリスク料が
含まれていますので、金額が大きいのは当たり前だと思います。

プロフィール

BACH 358

Author:BACH 358
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
良かったらポチッと
ランキング参加中
フリーエリア
フリーエリア