FC2ブログ
2012-08-30

伊東聖鎬

001kai_20120830150417.jpg
この自分で治すシリーズを薦められてやってみました。
結論から言うと、心と体が少し楽になりました。
沢山の本を読みましたが、これは手軽に出来ていいと思います。
色々な煩わしい事などに振り回されてましたが
それに対処するアイテムができました。

特に4の体内警報を知って自分で治す、がおすすめです。

この本は体の異常についての例がほとんどですが、心にも効き、安定しました。

紹介してくれた先輩に感謝します。ありがとうございました。

スポンサーサイト



2012-08-28

ハンス・ベルメール

001kai_20120828141714.jpg="http://art.blogmura.com/
かなり、影響を受けました。
人形を作るきっかけにもなってます。
今では彼の技術はそれほどでもないと言われますが
どんな変態的な理論でも品を失わず、昇華させ、今だにインスピレーションを受けます。
左上は、イマージュの解剖学、これを読むと彼の考えがよくわかります。
左下、デッサンが中心の画集です。
右は球体関節人形が中心の写真集です。
2012-08-27

おでこを出しましょう。

僕がおでこを出していないのを見て、一言、おでこを出しなさい。
芸術家の人たちもおでこを出している人が多いんじゃない?
さっそく、家に帰り確認。
僕が見た写真の中でおでこを出していない人はいませんでした。
全員ではないにしても出している人が圧倒的に多いと思います。
2012-08-26

自暴自棄にならないで。

どうしようもならない時期が長くありました。
だいぶ良くなってから昔聞いた話を思いだしました。
気性が荒くやくざから足を洗うことになった人がいました。
新たな生活を再開してパチンコ店で働くことになったんですが、
お客さんが玉でないと因縁を吹っかけてきて、がまんできずにボコボコにしてしまった。
新たな人生を生きようとしたはず。
耐えなきゃならない時があります。
自分も何度人生を終わりにしようと思ったか。

何とかしようと必死になってれば助け舟がきます。

それに気づけば楽になりますが、誰もが気づけるわけではありません。
しかし、死なないかぎり気づく可能性があるのであきらめないほうがいいです。
身近にもどうしても気がつかない人がいて、そういう時はどうしても悪い方向に行ってしまいます。
ちょっとしたことなんだけど、こんな簡単なことに何故気づけなかったんだろうと思うことも多いです。

2012-08-25

クリシュナムルティ、生の全体性

004kai.jpg
これからも生きていくのであれば、読んだほうがいい重要な本。
特に対談はグイグイ引き込まれる。
もちろん鵜呑みにせず人生を楽しみましょう。
2012-08-24

おすすめクラシックCD

002kai_20120824051045.jpghttp://classic.blogmura.com/listening/
今回は、ショスタコーヴィッチを紹介します。彼の音楽は異常性を感じてしまいますが、個人的には癒されます。共通するものがあるのかもしれません。ショスタコーヴィッチは当時ソ連政府によってその作品は非難を浴び演奏禁止になったりして、苦難の日々だったのは有名な話。非難は即、銃殺刑になりかねない大変な時代に生きていたようです。詳しい話は僕もよく知らないので今度本を読んでみたい。それはさておき、まず左は交響曲全集です。一曲ずつ紹介したいんですがまずこの全集から聴くことをおすすめします。初の交響曲全集ということもあり力が入っていて惹きつけらます。指揮者はコンドラシンです。右は弦楽四重奏です。四重奏は交響曲に比べたら地味なこともあり自由に書いても目をつけられにくかったらしく、特に彼を語る上では重要な作品です。演奏者はボロディン弦楽四重奏団です。決定版として長く語り継がれるでしょう。
2012-08-22

顔 part1

008kai_20120822144726.jpghttp://art.blogmura.com/
2012-08-22

ピエール・モリニエ

002kai_20120822142832.jpg="http://art.blogmura.com/
数ある芸術家の中でも特に影響を受けました。左のモリニエ、地獄の一生涯は彼を理解するのに参考になります。右の画集は予算を考えながら実際にいろいろな画集を見て決めました。クオリティーは高く僕好みです。
2012-08-19

苦しみのパターン

小さい頃から周りの人、社会、メディアなどを通して成功者に対する賛辞を見聴きして育ち、大人になりそうなることが幸せなんだ、その枠に入る事が幸せなんだと言われてきた。そのためギャップに苦しんでいる人は多い。苦しんでいる人どうしが討論する番組を見たりすると、手放せばいいのにと思うが自分自身も精神的病になり、刷り込まれたものから自由になることの難しさはよくわかる。今でこそ手放すことができるが当時はいらないものなのにしがみついて苦しみから抜け出せなかった。人間の生き方はもっと多様でなければならないと思うので社会全体がガチガチになっていることに心を痛めてます。つい最近までオリンピックが行われていましたが、メディアのはしゃぎっぷりとは裏腹に劣等感を強くさせた人もいると思う。彼ら彼女らの努力は並大抵のものではないのはわかっていてもそうなる自分に苛立ちをおぼえたり。もちろんいままでたくさんの人を傷つけて反省しないメディアにも責任はある。だからいつも飢餓感を抱え、やる必要のないことをやったり、やらないといけないことをやらなかったりでどつぼにはまる愚を冒す。生きていることに価値があるとしたら自分の中にあるいらない思い込みを消す事だけだろう、もしそれができればすべてが手に入ったも同然だからだ。これは自分の内のことなのでだれでもできる可能性がある、外にあるものは自分ではコントロールできないのでそれに意識を向けるのは意味がない。どの人もあなたとたいして変わらない、それに対して負の感情を持つのは意味はないと気づいたとき、今の自分を大切に思うようになる。
2012-08-17

ホ・オポノポノ

ホ・オポノポノを知ったのは薦められて、最初はよくわからないしそんな興味がなかったんですが苦しくて思わず4つの言葉をいってみたら少し楽になったので本を買ってきて読み始めました。それから一年位唱え続けましたが、指摘のとおり高い効果は感じられませんでした。そのことについてはラファエロビィッチさんの本に詳しく載ってますが、それは別によくて科学的に脳はひとつの事に頭がいっぱいになったとき別の刺激を入れると落ち着くので4つまたは2つの言葉を唱えるのは有効なのではないでしょうか。たぶん楽になったのもそうゆう理由からだったと思います。クリーニングの真偽はわかりませんが、何らかの効果はあるように思い、いつでもどこでも気軽で自由度が高く考え方なども気に入ってます。自分の感情を常に監視するのはなかなか骨がおれる作業なのでこれだとだれでもできるんじゃないでしょうか?ただ嫌なことに対してありがとうというのは大変なので慣れるまで少しかかるし、逆に具合が悪くなることもあるので自分で調整してください。
2012-08-15

仏像の胴体です。

006kai_20120815133300.jpg
今まで女性の人形の作り方ばかり勉強してきたので仏像を作るのは難しいかなと思いましたが、なんとか自分流で形が決まりました。後は手、足ですけど手の造形と手首、足首の関節を作るのみです。今回はビスクではないので早めに終わりそうです。
2012-08-14

おすすめ、クラシックCD

005kai.jpghttp://classic.blogmura.com/listening/
今回はモーツァルトを紹介します。若い頃は何がいいのかさっぱりでしたが 30才を過ぎた頃からよく聴くようになりました。時々モーツァルトが能天気な作曲家だということを言うのを耳にしますが、それは誤りです。モーツァルトの音楽は光です。苦しい時にもスッと入ってくるので心が楽になります。まず左上は、弦楽四重奏、左下、弦楽五重奏です。この二つの曲は楽しさの極みだと思います。特に五重奏の充実ぶりはかなりのもの。どちらも演奏者はアマデウス弦楽四重奏団です。右上はピアノ・ソナタです。演奏者はシュタイアー、刺激的な演奏でやりすぎの一歩手前でとどまっているといった感じです。モーツァルトが生きていた時代はこんな演奏をしていたのかもと思わせます。右下、クラリネット五重奏でクラリネットの演奏者はプリンツです。優美な演奏で一緒に入っているブラームスもいいです。
2012-08-09

あるがままに生きる

001kai_20120809140207.jpg
今までいろいろな勉強をしてきましたが、物理世界で生きている以上何をライフワークとしてやっていくのか、そして他者からそのことを求められる存在になることが、自分の場合一番心の安定につながるという結論に達しました。それ以外の方法はうまくいかないように感じます。まったく効果がないわけではありませんが、現実の世界で自信につながることをやるのが一番です。もちろん優れた本は望ましい結果を導いてくれるので勉強しますが、あるがままに生きるの中で精神世界の勉強をしていないのに、高い波動を出している経営者の話をしてました。もちろん誰もがそうはなれないかもしれませんが、こうなりたいというものに少しでも近づくように行動することを心がけてます。エゴからではなく。
2012-08-07

悪感情について

よく今あるものに感謝しなさいというけれど実際はなかなかできませんよね。でも負の感情をずっと持ち続けていると病気になることも珍しくありません。自己意識が肥大化してしまうのは自分だけの責任ではなく周りの影響が大きく関係しているのでその鎖を断ち切る必要があります。そのためいろいろやりましたが副作用のない安全な方法は自分の思考を客観的に観察することです。昔からある方法ですがうまくやれば効果があります。体に痛みがあれば痛みがあるんだねと思いながら客観的にその痛みを観察します。最初はうまくいかないかもしれませんが、現代社会は余計なストレスも生み出したと同時にそれを癒す方法もたくさん提供してくれているので、危険なこと以外はいろいろな方法をやってみては。実際に実践してください。こういう話があるんだで終わるのはまだ苦しいと感じていないから。自分もそうでした。うまくいかなくなり運も悪くなってきて初めて本気でなんとかしようと思いました。本当に幸せな人はいいでが。
2012-08-04

上気元の魔法

001kai_20120804125224.jpg
自分にとって芸術家としての才能があるかどうかはあまり重要ではないです。それよりこの不安定な心をどうするかが一番の課題で、そのためにはやることはやりますが、今心はどうゆう状態か常に見張ってます。悪い方にいったら意識を変える、いつもうまくはいきませんが考えるままにまかせていた頃と比べると、だんだんコントロールできるようになってきました。この本についているCDは10分位なのでいやな気分を少しでも変えたい時によく聞きます。
2012-08-02

二体同時に作ってます。

006kai.jpghttp://art.blogmura.com/
以前、天使か仏像を作ってみたらと言われたので仏像を作ってます。現代的な感じにしてみました。
プロフィール

BACH 358

Author:BACH 358
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
良かったらポチッと
ランキング参加中
フリーエリア
フリーエリア