FC2ブログ
2013-03-30

教室に行く、part1

005kai_20130330140925.jpg
教室に行くため東京へ。
東京に着いた時、いつも感じる事があります。
東京駅の改札を抜け、一息付くため喫茶店へ。
コーヒーを飲もうとカップを持つと手が震え
る。最初は何かな?と思っていましたが、粗
い波動が渦を巻いている事に気づく。

自分が調子が悪くなった時に体に感じるのと
似ている。(狂気的な)

しかし、それ以上に教室での時間は楽しく、
貴重な体験のためか、次の日の目覚めはいつ
もいい。いつもの日常に無い刺激が、体を
元気にしてくれるようだ。
普段はどんよりしてる事が多いので、この
刺激はやめられない。
スポンサーサイト



2013-03-28

坂口安吾の女性像

014kai.jpg
白痴に代表されるように安吾の女性像は、文学的
な理由はさておき、相当おかしな女性が多い。
多分、これは当時の女性の地位の低さも関係して
るのだろう。
今は、まだ男性社会が根強く残っているが、女性
が本来の姿を出しやすくなったのでは。

別に女性が強くなったわけではないと僕は思って
いる。(男性、女性、どちらが強いかは別にして)

今まで、仕事で社会と関わりを持ちづらかった分
その枠にとらわれず、様々な活動で活躍している
女性が多くなった。

味方を変えれば男性は社会の枠組みにがんじがら
めにされ、やりたいことをするのは勇気がいると
いう、皮肉な結果となった。

あえて男性目線で言うと、男性はかわいそうな生
き物だと思った。
2013-03-26

二体目完成、画像。

029kai.jpg
この作品に思い入れはないけれど、これを作って
た時の精神状態は最悪だった。
長らく放置してたので、改めて写真を取って見た。
今となっては未熟だったと思いながら、絵付けも
ちゃんとやる気力もなかったと、当時を思いだし
たりして。
ビスクという事もあるのか、見れる形にはなって
る気がするが、どうだろうか?
2013-03-23

アメリカの貧困問題で思う事。

少し前、アメリカの貧困問題を扱った番組を
見た。その前に本が話題になった気がしたの
で興味があった。
グローバル経済の影響で、倒産、失業が多く
なり、沢山の雇用を生むため一人一人の賃金
が抑えられ貧困になる人が増えたとの事。
日本も対岸の火事ではないが、番組の最後に
言ったことは、

取り替えの利かない人材を如何に育てるか。

社会と関わっていくなら今の時代、必要な
条件になってくる。
この場合どうすればいいか個人、個人違う
と思うが、僕の場合は芸術家の作品そのも
のが、替えの利かないものの象徴だと思う。
結構、大変な思いもし、お金になるかどう
かもわからない事をするのは、取り替えの
利かない存在になりたいという思いが強く
関係している。
芸術をやる動機の一つとして誰もが持って
いると思う。
2013-03-21

鉛筆画を描く、prat9

007kai_20130321145553.jpg
ちょっと趣向を変えてみましたが
どうでしょうか?
早く完成形に辿り付いてしまうと
面白くないので寄り道してみました。
2013-03-19

ちょっと、ぼんやりしてます。

1年くらい前から時々ぼんやりします。別に
調子が悪いわけではなく、大体、素晴らしい
エネルギーを受けると、いつもではないけど
ぼ~っとしてしまいます。
閉じていたものが開くような、(実際分かる)
また自分と共鳴する本を読むと同じ現象が。
仕事に支障があるわけでもないのでまぁいいか、
と思ってますが。(数日で戻るし)

緊張していた体が緩むというか、自分の中の強い
感情も薄れ、これはいけないと自分の目標を
クリアしないと、休み過ぎたので気持ちを新た
にまた始めます。


2013-03-17

人に起きる様々な影響

人間の五感は知らず知らずの内に様々な影響
を受けてるなぁ、と思う事がこの頃多い。
この間、仕事をしていた時、お客さんに、この
商品どこに有るか聞かれた時、その人が悪い
わけではないが、なんとなく嫌な印象を持った。

教えて仕事に戻ろうとしたら、ぶつかるはずの
ない所で物にぶつかってしまった。

以前も同じような事が多々有り、気をつけない
と、と思ってた位でしたが、伊東聖鎬さんの
脳の情報を読む方法、に書いていた事を思い出し
本当に嫌な出来事による気分の強い変動じゃなく
ても、
本当に些細な、音や色などでも大きな失敗に繋
がる事があるんじゃないか、最初はまさかと思
ったが、ありうる話だと感じるようになった。

様々な事が影響し合うなら、自分の振る舞いも
変わってくる気がした。

2013-03-15

大事な話。

人間、ここぞという時、我慢の為所があると思う。
しかし、それにより意識が一点に集中してはまずい。
僕が言う我慢とは文字どうりの意味ではなく正い
表現か、わからないけど、かわしたり、緩めたりし
ながらと言う意味です。

こうなるんだと、強く思えば思う程反作用で出来
ないんじゃないかという思いも強くなり、上手く
行かない。
東京芸術大学合格マニュアルで言っていた、競争
意識は逆に結果を残せないというのは同じ作用で
起こるんじゃないでしょうか?
そこで、そのような作用が起きない方法としては

成功したらどうしようと、成功の心配をする事で
す。

もちろんこれで全てが上手く行くわけではありま
せんが少しは楽になるんじゃないでしょうか。

それと、現実問題、我慢の連続である人生どうし
ても苦しくなった時、自分の意識を元に戻すため
アイテムを持って置いた方がいい。
例えば、言葉だったり動作だったり、いつでも出来
るのが望ましい。
具体的な話は人それぞれなので出来ないがヒント
として書きました。
2013-03-13

モリニエのオマージュ。

kai1.jpg
書きたい事があったんだけど、以前、別の
ブログに載せた画像を載せて見ました。
モリニエを敬愛している者として何か表現
出来ないかと、日頃から考えていて、他の
芸術家もオマージュとして作品を発表して
ますが、自分なりの方法で出来ないかと
色々考え、イメージがまとまってきている
のに中々進まない。この頃、こんなことば
っかりです。
勢いが付けばどんどん出来るようになると
思うので、それまで作り続ける事を継続で
きるように、僕の一番の問題はメンタル面
なので、それも一緒にクリアしたい。
2013-03-11

四体目、眼を入れました。

005kai_20130311152420.jpg
イメージ画像を何にするか悩んでましたが
中々進まないし満足するものも出来ないの
で、これでいいやと思い画像登録しました。
イメージ画像はサイズが小さく細部がよく
わからないので載せて見ました。
2013-03-09

待ちに待った。

001kai_20130309142115.jpg
色々合って制作が進まないので、小休止してます。
今回は、長らく廃盤で聴けなかったチャールズ・
ミンガス、クンビア&ジャズ・フュージョンを取
り上げます。ジャズ・ファンなら知ってるが、
ミンガスは凶暴な男で、元々そういう性格なのか
当時の黒人差別が彼をそうさせたのかはわからな
けど、怒り出したら手がつけられなかったようだ。
しかし、彼のすごい所はそれでいながらユーモア
を忘れなかったということ。
僕などはついつい暗いままになってしまうので。
このアルバムは彼の性格そのものと思ってしまう
程、様々な要素が渾然一体となった、まさに彼の
集大成と言っていい作品。
過激でありながら、優しさもあり楽しめると思い
ます。
2013-03-07

最善の選択を

前にも書いたかもしれませんが、新ためて整理
するため書きます。今の環境が嫌で、何とかし
たいとずっと考えてましたが、捨てようと思って
も、どうしても引っかかるものがあり、何かを手に
入れれば、何かを捨てなければならない、何を捨
て何を手にするかを悩んでました。
でも、ある時から今逃げても苦しみの先送りにな
ることに気づき、最初はよくても後で付けを払う
ことになるなら、早めに処理しようと思うように
なりました。
わざわざ不必要に苦しみを経験する必要はないけ
ど、易きに流れる事は避けたい。
この頃は、この経験は嫌だけど後で返ってくるも
のがあれば、我慢、我慢。
そして、人の振り見て我振り直せ、と独善的にな
ってしまわないようにしたい。
2013-03-06

鉛筆画を描く、part8

003kai_20130306150656.jpg
絵を描きながら、本当に描きたいものを
描くために、ヒラメキが来るまで自分の
頭を集中した状態に持っていくように
どんどん描いて行きたいが、中々上手く
はいかない。

2013-03-04

力の分散

芸術家として生きていく決意は固いが、色々
な事が気になって力が分散してしまう。
それを含めての創作活動と言えばそうだけど
自分の中の決意が弱いのでは、と思ってしまう。
気になる人と、気にならない人とタイプは様々
だからいいんですけど、理想は周りを気にせず
貪欲に吸収したものを出していく事ですが、気
になるという事は人が気がつかない事が分かる
という利点もあると思う事にしてます。
それと思い詰めやすく、こうなりたい、あーな
りたい、未来や過去に囚われると、途端に精神
がぐらつき、精神に異常をきたしてしまいそう
になるので、悟った人が口々に言う、今に集中
するという事を常に意識してないと駄目になる。
一日一日結構、緊張状態で疲れ、もっとだらし
なくしたいと思ってるけど、作品を作る上で、
緊張感が無ければ流されてしまいやすくなると
これまたそう思ってなんとかやってます。
2013-03-02

教室にて、(油彩)

011kai_20130302150430.jpg
久しぶりの教室での彩色、どのように色を
塗っていくか悩みながらも楽しい一日でし
た。写真だと微妙な色合いが写らないのが
残念。彩色は無機的なものが有機的になる
ような、平凡な表現ですが、ぱっと花が咲
く感じがしていいですね。
プロフィール

BACH 358

Author:BACH 358
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
良かったらポチッと
ランキング参加中
フリーエリア
フリーエリア