FC2ブログ
2013-05-30

飢餓感。

飢餓感は多かれ少なかれ誰でもあると思うけど
それ自体は悪い事だと思わないが、それをどう
使うか、良い方に使えば新たなステージに行く
チャンス、悪い方に使えば生き地獄になる事も。

この間、万引きをやめられない人たちを特集し
た番組をやっていたが、心の飢餓感を何かの
きっかけで悪い方に使ってしまった悲しい例。

しかし、有名な話で、喧嘩ばかりしていて手の
付けられなかった人が、友人の勧めで楽器を
演奏する事に目覚め、有名になった話は聞いた
事があると思う。

過去を回想した時、もしこの楽器に出会ってな
ければ、人を殺していただろうと言っていた。

本当にどちらに転ぶか分からない、苦しい時が
続いたとしても、自分にはそんな力が無いと思
っても、それを上手く利用するんだという気持
ちで強く生きたい。
スポンサーサイト



2013-05-28

傷つく人もいる。

僕は余りテレビを見ないが、どこかしら情報
が入ってきて、誰々が快挙を成し遂げた、勇気
をもらったなど言うが、報道はいつも一面的。

もちろん称えられる事で、心から祝福出来た時
自分の中の不幸な気持ちは無くなっている。

しかし、どんな知ったような顔をしても、現実
の自分を見た時、劣等感に苦しむ。

こういう気持ちにさせる報道が続く限り、本来なら
起こらなかったかもしれない犯罪がこれ以上増えな
い事を祈ります。
2013-05-26

鉛筆画を描く、part10

009kai_20130526150050.jpg
昔、描いた鉛筆画です。バランスが悪い
ので描き直そうかとも思いましたが、面倒
なのでやめました。
鉛筆画の方も描きたいものが色々あるんで
すけど、球体関節もやらないといけないの
で中々進まない。

どうやって進めて行くか悩み中。段々、人形
も絵も公募展に出す事を考えないといけない
と思うようになってきました。

また売る事なども考えた場合、よりグレード
の高い作品を作らないといけないと考えて、
もっと執念を燃やさないと、と思いながら
そこまでいたらず、むしろ淡々とやってます。
2013-05-24

責任はすべて自分にある。

毎日のように自分は自分の人生を生きてないと
感じている。
しかし、そう思って生きなければならなくなった
責任は自分にある。

終わった事をいつまでも覚えていて、その記憶を
再生させ続け、それを断ち切り前に進む事を怠っ
た責任。

何かを選択して不幸になった場合、それをよく見
ず、よく考えればこの選択はまずいと分かる兆候
を見ないようにして、被害者意識を持ってしまっ
た責任。

周りに対する非難は、自分が許せないと言う事を
責任転嫁している。

もちろん、理不尽な事は沢山あるけれど、それを
どう捉えるかは、自分の責任だと思う。
2013-05-22

KOKIA、そして手軽な浄化の仕方

前に色々言いましたが、KOKIAの音楽は
結構聴きます。
聴くと、清んだ空気が部屋に広がるので
やっぱりいいんだなぁと思う今日この頃。

歌を聴きながら、ホ・オポノポノの本を
開き、聴きながら読める人は読み、その時
はリラックスして、真剣に読まなくてもい
いです。

聴く事に集中したい人は開くだけでもいい
です。段々分かって来ると開くだけでクリ
ーニングされます。

聴いてると、色々な感情が出てくると思い
ますが、開いたページを何となく見る。

何か感じるものがあると思います。何も感じ
なかったら合わなかっただけ、僕も別に真剣
にやってないので、ちょっとした遊びだと思
ってください。



2013-05-20

四体目、完成しました。

006kai_20130520145305.jpg
今回は塗装に初めてのものを使ったので、
スプレーより刷毛で塗った方が綺麗にい
ったかなぁとか、木目の描き方など新た
な課題が出来た。

満足はしていないが、また一つ違った
バリエーションが出来た事は、やった
意義があったと思っています。

僕に取っては新たな収穫で、これから
も失敗しながら色々挑戦していきたい。
2013-05-18

四体目、塗装完成。

016kai.jpg
木の質感を出したいと言ったら、木目を
描いたり、塗装も油絵具ではなくウレタン
スプレーを使った方がいいということで
やったらこうなりました。

正直、不満もありますが次に作る時の改善
点も分かり、仏像はこれからも作っていこ
うと思っているので、今後に生かしたい。

でも面白いものができたなぁと思ってます。
2013-05-16

ブッタと胸の痛み。

前に言った、病院に行って検査しても異常がない
胸またはみぞおちの痛みは、心の痛みかも。
もしそうなら、その痛みと向き合わないと体に負担
が掛かり続ける事になるかもしれないです。

許せない、身勝手な考え、感情の抑圧など。

ずっとこの痛みに悩まされ続けていたので、キネシ
オロジーで探ってもらい、色々言われましたが、
その中で印象的だった、ブッタもこの痛みを感じて
いたのか。

そして、ブッタも感じていた事が分かりました。でも
ブッタの場合、一瞬で切り替える事が出来た。

この痛みは、悪い事ばかりではなく、人の痛みも分か
ると言う事にもなるので、一瞬、感じる事でブッタも人
に教えを説く事ができたのではないか。

それが無ければ、ただの冷たい人になり弟子も取らな
かったと思います。
2013-05-14

神聖な響き、無伴奏チェロ組曲。

002kai_20130514145922.jpg
今回は、バッハの無伴奏チェロ組曲を紹介します。
僕の最も好きな曲で、神聖な存在に包み込まれるような音は、
音楽の終着点だと思っています。

その中から代表的な三点、有名な演奏ですが色々聴い
て、まずこれから入った方がいいかなと。

左上は、フルニエ、今はマチィスの切り絵のジャケット
になっているが、カザルスの流れを汲む落ち着いて、優
雅な演奏。技術的には他の二点より落ちるが、結局この
演奏に戻る人多し。

右上、シュタルケル、高い技術と集中力が圧倒的でこの
曲に掛ける彼の意思の強さを感じます。

左下、ビルスマ、一回目の録音、バロック・チェロを使
い、柔らかで軽やかな演奏は、過去のスタイルを解き放
ち、新たな時代を感じさせる。
この頃は美しく、柔らかで軽やかな曲や演奏が好みになっ
たのでビルスマを聴く事が多い。

右下は、ビルスマの至芸を手軽に堪能出来き、お気に
入りなので、ついでに写真に載せました。
2013-05-12

許すという事。

よく言われる事だが、許す事は自分のため。

自分が悔しい思いをして、相手に憎しみを感
じたとしても、相手は何も感じていない。憎
んでも、時間の無駄になる。自分だけが苦し
むのだから。

知りもしないで、知っているような事を言っ
ているだけ。

しかし、話はそれだけではない。加害者側が
何年もして、自分のやった事を深く後悔して
苦しむ事がある。

僕の場合、父が、育て方を間違った、と
ボソッと言ったのを聞いてしまった。

怒りやストレス発散とばかりに攻撃し、その時
は何も無くても、後から自責の念にかられ、高
い授業料を払う事になるかもしれない。

このことで、相手または自分にどのような影響
が出るのかという事を頭の片隅に入れて置いた
方が後々、後悔する事が少なくなるように思う。
2013-05-10

人は人を救えない。

僕はこの意味をずっと考えていた。実際救われて
いる人もいるはずなので、どういう意味か、ひっか
かっていた。
しかし、確かにその通りな出来事があった。

苦しんでいる友人がいて、相談に乗りアドバイス
を長い事していた。
結局、救う事は出来なかった。その時、あくまで
他人は手助けはできるが、それ以上の事は出来な
いと言う結論になった。

自分以外、本当に自分を救える人はいない。

苦しみから抜けられない人の特徴は、強い思い込
みと、勘違いに支配され人の話を受け入れられな
い。
大変だと言いながら、そこから抜け出そうとしな
いようにしか見えなく、僕の目には映る。
(僕も以前そうだった、完全に抜け出たわけではないが)

思い込や勘違いに気づく、もしかしたらそれは
間違いかもしれない。

相手の生い立ちを知ったなら、これじゃあ仕方な
いよなと思う事もあるかもしれないから。
2013-05-07

四体目、下地塗り完成。

002kai_20130507143554.jpg
今回は、木の色を出すため下地は黄色
を強めにしました。
本当は最後の塗装をしたかったんです
が、外でしかやれない作業でここ数日
天気が悪く出来ない状態が続き、天気
待ちです。
2013-05-05

ゴールデンウイークと言うけれど。

僕の仕事はサービス業のため、連休はいつも
仕事だ。それどころか、忙しくなるので遅く
まで仕事になる事もある。

僕にとっては余り、いい日じゃない。求めてい
ない事をやるのは辛い。

しかし、一人さんは言う、神は幸せをくれない。
幸せに変わるものをくれるのだと。
今、有る材料を使って幸せになれと。

お金、名誉、友達、恋人、僕には無いに等しい。
しかし、幸せを求めて不幸になるのは、無い
材料で、出来ないものを作ろうとするから。

僕の場合は、指導者に出会った、作品を作る環境
が整っている。

みんなも色々な材料があると思う。どんな些細な
事でもそれを使って幸せになるしかないかなと思う。

2013-05-03

叡智のしずく。

002kai_20130503122943.jpg
最初、読んだときは何だこれは?と思いましたが
今では、一番繰り返し読む本です。

左は以前出ていたもので、右は改訂版です。
読みやすくなり、訳も以前より良くなったと思います。

この本は不思議で、時々、闇に向かいそうになった時
そっと取り出し、読んでいると心が落ち着き、また
普段の自分に戻れるので、よく本を開きます。

本当に波動の高い本は、これだけではなく行ってはい
けない方向に行こうとしても戻ってこれるのでありが
たいです。

この本の意味に気づき、目覚め始めると、そこからが
人生のスタートかもしれないと、本気で思ってます。
2013-05-01

才能について

才能とは何か?やり続ける事が才能とか、
持って生まれたものとか言うが、なんだろう。
僕が学んで言える事を少し言いたいと思う。

才能とは、小さい時にもうすでに芽が出てる
という事。例えば、芸術で言ったら、そういう
本、番組、美術館、美しいものを見るのが好
きなど。描いた絵が小さくても賞を取ったり、

要は、小さい頃、夢中になったものの中に、
自分の、本当にやりたい事がある場合が多い
という事。

ずっと、好きな事をやれるのはごく一部の限
られた人だけだと思ってたが、好きに生きる
という事をもっと出来るんじゃないか?

そんな事では食っていけないとか、それ相応
の覚悟がいるけど、今まで安泰だと思ってい
た職業が危なくなったりしている現代では、
挑戦してもいいんじゃないかと思う、ちょっと
無責任かな?

でも思い切って覚悟する事も大切かなと思います。
プロフィール

BACH 358

Author:BACH 358
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
良かったらポチッと
ランキング参加中
フリーエリア
フリーエリア