FC2ブログ
2014-02-27

小林正観さんのパワーカードの補足。

前に、パワーカードを第4チャクラに貼る話を
しましたが、

やってみた人で、中には痛くなったと言う場合
があります。

理由は、消化出来ない心のわだかまりが強い人
はそうなります。詰まってるんですね。

あくまで補助なので限界があるんです。

それを解消するお金も掛からず、簡単な方法を
書きたいと思います。

まず、第4チャクラに右手を当て、

愛してます、

感謝してます、

ありがとう、

と声を出して唱えて見てください、体が熱くな
ります。

今まで、休まず働いてくれた、体に感謝の言葉
をかけるんです。


他の事もそうです、これは面倒だと思っても、
やり始めると調子が良くなる事が皆さんにも


あると思います。継続するそう言った積み重ねが、
生きてて良かったと思う心に発展するんじゃない
でしょうか。


スポンサーサイト



2014-02-23

球体関節人形による仏像、完成。

球体関節人形1-14

球体関節人形1-15
時間は掛かりましたが完成しました。顔のアップ
の写真を見た時、安らかに微笑んでいる顔に、

この言葉は誤った使い方をされているので、使い
たくないけど、癒される。

他の人にも見せたら、同じ感想。

特に意図して作った訳ではないんですが。

芸術はもっと激しいもので癒すだなんて、と思っ
てたんですが、

どんな表現でも、人を癒す要素が無いと良い作品
とは言えないと感じた。

今回の作品はその事を考えさせられました。


2014-02-19

油彩、完了。

001kai_20140219114906642.jpg
今日は、出かけるつもりでしたが、大雪の為
交通が麻痺してるので諦め、記事を書く事に
しました。

余り重要じゃないと思ったのでちょっと、
適当な画像になってしまった。

最初は、一度目の油彩が乾燥したら、陰影を
付けようと思ってたけど、光った感じに

なったので、このままでいいなと感じ、やめ
ました。

後は接合すれば、完成です。






2014-02-16

下地塗り、完了しました。

球体関節人形1-13
5、6回塗り重ねたので、少し時間が掛かり
ましたが、下地塗り完了。

初歩的なミスで、絵の具を買うのを忘れてし
まい、有るので色を作って塗ったんですけど

思ったより良かったので、一安心。

先を急ぐ事ばかり考えてたので、準備を怠っ
てしまった。

今後は気をつけたい。
2014-02-12

応援について。

この話は、何度か聞いていたのに頭の中に無く
なっていた事。

ずっと、自分の人生が上手く行っていないのに
人の応援何か、してるゆとりは無いと思ってた
んだけど、


しかし、今、オリンピックがテレビで流れてるが、
いくら選手が世界新記録や金メダルを取っても、

応援してくれる人がいなければ、それは無
かったのと一緒。


こんな単純な事も忘れていた。

誰でも、誰かに応援されている。そうでなけれ
ば、今、生きてない。周りを見渡すと誰かが、

必ず、見守っている。そう思えないと言う人も
例外無くです。


そう考えた時、自分だけ応援しろというのは心
の狭い考えだと、だから上手く行かないんだと
この頃、そう思う。
2014-02-08

転換期。

この所、気持ちの変化が大きくなって来た。今までの
ように、ブログを書いて行く事が出来づらく、

記事を書く為にメモをしているけれど、気分が乗らない。


幸福でも不幸でもなく、フラットな状態なので方向性が
掴めない。

芸術家はある程度、不幸感、特に乾いた心が必要だなと
実感した。


例えば、ピカソを例に出すと、有名なのは、アヴィ二ョン
の娘たちやゲルニカ等を昔よく目にした。

しかし、本当に良かったのは、青の時代頃の作品、調べる
と、貧乏で心が乾いた状態の時だったようだ。


ブロブを書く事は、心の渇きを少しでも癒す為だったけど
それが、大分なくなってしまった今、方向転換しないと書
けない。

更新したくても、出来なくて、仏像の下地塗りをしたいけ
ど、予想より時間が掛かってます。


作品作りに中々集中出来なくて、自分自身の事やこれから
の展開等、脳が渋滞を起こしている。


まだ上手く流れず、自分の感覚だと、今の状態はどちらに
向かうか、ターニングポイントのような気がしてます。





2014-02-02

芸術家向きの耳の補足。

前に書いた話の補足、本当はこの話を書くつもりで
書かなかった、こっちの方が重要だと思うので、

知らない人の為に書く事にします。


福耳の人は他人の話をよく聞くから、それを咀嚼し
て結論を出すので、成功しやすいかもしれない。

しかし、他人の話を聞き過ぎるので、自分の意思を
通すのをやめる可能性が有る。


耳たぶの薄い人は、良い方向に突き進めばいいけど
間違った方向に進んだ場合、大きな失敗をする可能性
がある。

どちらが、良い、悪いではなく、あくまでそう言う
特性だと理解して、


話を聞き過ぎる人は、自分の意思を通す所は通す、
聞かない人は、人の話にもう少し耳を傾けるように、

傾き過ぎないと言うのを意識したらいいんじゃない
だろうか?


これは僕の結論なので、違うと言う人もいるかもし
れませんが、そんなに外れてはいないと思います。
プロフィール

BACH 358

Author:BACH 358
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
良かったらポチッと
ランキング参加中
フリーエリア
フリーエリア